エストロゲンの基礎知識

中年女性

女性とホルモンバランス

更年期は女性が避けて通れない人生の節目の症状です。主な症状は怒りっぽくなったりイライラする。うつ病や無気力状態、体が熱いなど。個人差はありますが40代に入ると、それまで気にならない老化のサインを感じるようになります。疲れやすくなったり、しわやシミ、体型が変わってきたなど、これらはエストロゲン分泌量と卵巣機能の低下のサインです。更年期に最もおこるイライラ状態は、老年期の変化への始まりでもあります。そして骨量低下、糖質代謝異常、ドライシンドロームといった変化も起こってきます。エストロゲンが低下する時期と閉経期はほぼ同じ期間に現れます。また家族や社会など、取り巻く環境面でも変化の多い年齢なのでその影響もあります。

ヘルスケアの役割

更年期になってイライラ以外に、めまいや頭痛を感じるようになった場合、注意が必要です。激しい頭痛が頻繁に起こる場合は、脳出血や高血圧などの疾患が隠れている場合もあります。すぐに婦人科か医療機関を受診してください。診察を受ける場合には現在の症状、これまでかかった病気など、混乱しないようにまとめておくといいでしょう。更年期だからと言ってあきらめる必要はないのです。上手にこの時期を乗り越えるためのポイントはストレスをためない生活を送ることです。そのためにはゆっくりお風呂に入って十分な睡眠をとりましょう。イライラ解消法には映画や趣味など充実させることも大事です。気持ちを吐き出すためにも家族や友人など、本音で話せる相手の存在も大きいです。時期は1年ほどですが、この時期を乗り越えたら更年期の変調も収まって安定した老年期を迎えることができます。